よさこい屋店長ブログは、引っ越しました。

いつもよさこい屋店長ブログを読んでくださり、ありがとうございます。

店長ブログは以下のアドレスに引っ越しました。

▼オーダー衣装屋の「着ること、つくること、デザインすること」

http://isho-order.com/blog/

2008年からこのサイトで書いてきた「オーダーよさこい屋 ものづくり日記」ですが、今のブラウザとシステム的に相性が悪くなってきたため、これを機会に心機一転つくりなおすことにしました。

といっても、今までの記事はこのまま、このサイトに残していきますので、どうぞこちらも、新ブログもあわせてよろしくお願いいたします。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

お気軽にお問合せください。

オーダーよさこい屋&オーダー太鼓衣装屋ドドーン

(株式会社 横山工藝  電話:0776-36-6720)

(平日 9:00〜17:30/土日祝休)
メールは24時間受付、コチラから
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

☆2008年〜2012年2月までの店長ブログはここです

http://blog.yosakoiya.jp/

======================================

 

つくるときも、着ているときも、幸せになる衣装

:::オーダーよさこい屋:::

2011年衣装事例 / 大旗制作デザイン事例

よさこい屋Facebook

太鼓衣装も専門店におまかせ!

:::オーダー太鼓衣装屋ドドーン:::

あなただけの柄を1mから生地プリント

:::オーダーぷりんと屋:::

ぷりんと屋店長ブログ

親店

:::株式会社 横山工藝:::

よさこい衣装や太鼓衣裳をキラキラにしてくれるスパンコール加工。

昨日の予告通り、本日も新しいキラキラ加工をご紹介。

こちらはスパンコールのテープ。
ああ、見た事ある、って思った方。
これ、実は縫い付けるのではなく、圧着なのです。

120202-yosakoiya1.jpg

今まで衿のラインに金糸の入った生地をはさみこんだり、スパンコールの生地を切り替えたりして、キラキラ部分をつくっていましたが、こちらのスパンコールテープなら縫製上難しい場所でも、キラキラ加工が可能。デザインも自由度が高いです。

ほんのちょっとのこと、一本ラインが入っているだけでも、ライトにあたるとキラキラしたり、変化がうまれます。以前おつくりした「和太鼓 鼓太郎」さんの衣装、衿の部分に金糸の生地をラインではさみこんだのですが、その後新聞に掲載されたとき、そのラインが綺麗にうつっていました。そうか、効果があるんだなあ、きっとステージでも綺麗だろうなあ、と思った次第。

▼「和太鼓 鼓太郎」さんの詳しい衣装はコチラから
http://www.yosakoiya.jp/jisseki/2008/09.html

衣装づくりがもっと楽しくなる素材のご紹介でした!
:::オーダーよさこい屋:::
2009年制作事例祭り・イベントハッピ
横山国男社長ブログはまじい専務ブログ

なおくま裏日記 / スタッフ日記/ なおくまツイッター

<姉妹店>

:::オーダーぷりんと屋:::

<親店>

:::株式会社横山工藝:::

「塚本兄弟」さんの和太鼓衣装をおつくりしました。

昨年末、オーダーよさこい屋の姉妹店、オーダー太鼓衣装屋ドドーンをオープンしました。

その記念すべき第一号衣装が「塚本兄弟」さまでした。

塚本兄弟さまがまず希望されたのは、リバーシブル。曲によって早着替えをしたり、演奏者で色をわけて着たり、そろえたりしたい。

そして、袖口は大きくあけて、しっかりとしたはりを持たせたい。

イメージされるのは「派手すぎず、正当派でありながらカッコいい衣装」のようでした。

できあがったのはコチラの衣装です。

110126-yosakoiya3.jpg

 

左右は同じ衣装です。リバーシブルなので、逆にしてボディに着せてみました。

110126-yosakoiya2.jpg

前からみたところ。

110126-yosakoiya1.jpg

後ろからみたところ。

太鼓を演奏される方の体つきをみていると、肩がしっかりあって、胸板もあつい。でも他のスポーツでついた筋肉とは形が違います。ばちをうつ動きでついた、コンパクトにもりあがった筋肉。最近そのシルエットで、太鼓の演奏者だとわかるようになってきました。

太鼓を打ってつくられた体、腕の動きやふんばる足に違和感なく着やすい衣装ってどんな形だろう。社内ではスタッフとパターン(型紙)の話をすることが多くなりました。ここをもう1cmさげようか、ここは両方5ミリずつ出して、袖ぐりのラインは修正して・・・まだまだ追求するところがたくさんあります。太鼓同様、奥が深いです。

新しい世界を知るのは楽しいですね。

よさこい衣装もファッション同様毎年流行がありますから、今年はどんな衣装になるだろう、と楽しみな時期です。

▼塚本兄弟さんのブログはこちら。新メンバー募集もされているようです。

おつくりした衣装写真もありました。ありがとうございます^^。

http://ameblo.jp/wadaikoshinobi/

 
:::オーダーよさこい屋:::
2009年制作事例祭り・イベントハッピ
横山国男社長ブログはまじい専務ブログ

なおくま裏日記 / スタッフ日記/ なおくまツイッター

<姉妹店>

:::オーダーぷりんと屋:::

<親店>

:::株式会社横山工藝:::

紀州龍神さん(和歌山県)の小部隊用お衣装です

2009年に衣装をおつくり頂いた紀州龍神さん。

今年はその中で6名だけ、曲の途中ではやがわりを行う衣装をつくりたいとのこと。

すでにおつくりしていた衣装はコチラ。紀州龍神さんよさこい衣装

そしてこちらが新たにおつくりした衣装。
トレーン(引き裾)のラインにこだわった、豪華な衣装shineです。

紀州龍神さん よさこい衣装 新作

紀州龍神さん よさこい衣装 新作

ワンタッチで着用できますhappy01

どんな感じで着用されたのかなあと探していたら、
こちらに動画がアップされていました。

なので、リンクさせていただきましたよconfidentheart01


おおお〜素敵ですねえ。さっと場面がかわるのも、お上手です(3分25秒あたり)。いつも艶やかなステージの紀州龍神さん。
ありがとうございました!

 

:::オーダーよさこい屋:::
2009年制作事例祭り・イベントハッピ
横山国男社長ブログはまじい専務ブログ

なおくま裏日記 / スタッフ日記/ なおくまツイッター

<姉妹店>

:::オーダーぷりんと屋:::

<親店>

:::株式会社横山工藝:::

よさこい屋の地元、フェニックス祭りがはじまりました

よさこい屋のある福井でも、よさこいを含めたお祭り(フェニックス祭りといいます)がはじまりました。

先日、届いたポスターも、玄関先にはりましたよ。

YOSAKOIイッチョライ2010

賛助会員のよさこい屋、こちらに表記。
今年はよさこい屋、地方車になるといううわさも。
楽しみです。

協賛: (株)横山工藝

夜は福井の夜空に花火がうちあがりました。

今まではお祭りの最終日が花火でしたが、おわったときちょっと寂しい気分に。
でも今年からは初日なので、ちょっと嬉しい花火です。

花火

なおくま店長、スタッフはるくまに浴衣を着せてもらって参戦。

みなさん、お祭り、楽しみましょうね。

よさこい屋スタッフも明日のよさこい、スタッフ総出でいきますよ〜。

 


オーダーよさこい屋:http://www.yosakoiya.jp/
太鼓衣装屋ドドーン:http://www.taiko-costumes.jp/
オーダーぷりんと屋:http://www.o-printya.jp/
染型工房横山工藝:http://www.ykougei.jp/

真っ白な大旗

ときどきお問合せを頂く、白生地の大旗。
踊り子さんたちで寄せ書きをして、お祭りで振ろうというものです。

こちらもそんなご要望をうけて、おつくりしました。

真っ白の大旗

きっとお祭りももりあがりますね。

当日の様子はまた店長ブログで報告します。

 


オーダーよさこい屋:http://www.yosakoiya.jp/
太鼓衣装屋ドドーン:http://www.taiko-costumes.jp/
オーダーぷりんと屋:http://www.o-printya.jp/
染型工房横山工藝:http://www.ykougei.jp/

な負けるもんかの鈴井社長

わたくしの敬愛する社長の一人、ミスター鈴井こと鈴井貴之オフィスキュー社長。
鈴井社長がブログで掲載している、「今月の社訓」に気づいた夫。

7月はコチラ。ミスター鈴井の直筆です。

な負けるもんか
↑ 鈴井社長のブログより ↓
http://www.office-cue.com/president/

挫けてしまうことは大方、その個人の気持ちの弱さにあるように思います。
それは、自分に甘く、ついつい怠けてしまう。
成功を手するには努力あるのみ。

悔しかったらやってみろ!!

仰る通りで。

例年以上に忙しかったよさこい屋です。
そして、連日お衣装をお渡しして、少しヤマを超えたこの時期、
ふと気がゆるみそうに・・・。

そんな自分に活をいれるべく、
こうしてみました。

iPhone with な負けるもんか

iPhoneのまちうけに。
「な」が微妙にみえておりませんが。

ありがとう、ミスター鈴井。
気合い、いれときます。

ということで、久々の店長ブログでした。

 


オーダーよさこい屋:http://www.yosakoiya.jp/
太鼓衣装屋ドドーン:http://www.taiko-costumes.jp/
オーダーぷりんと屋:http://www.o-printya.jp/
染型工房横山工藝:http://www.ykougei.jp/

店長ブログに検索窓がつきました

自分で書いたブログ、あとになって
「あ〜あれ、どんな記事かいたかな」
と思うことがあります。

で、今までは記事一覧でずーっとさがすか、
それでもわからなかったら、自分のブログをgoogleで検索するという
なんともすっきりしない方法で探していました。

で、よしくまくんに、「ブログに検索窓つけて!」と依頼。

できましたlovely

ココです。

オーダーよさこい屋サイト

みなさんも店長ブログでみたな〜、とか
うちのチームのってるのかな〜なんて
思ったときは、一度検索してみてくださいね。

この窓の下にさ〜っとでる検索結果が
なんだかとっても気持ちのよい店長です。
(わたしだけ?)
意外にレイアウトもすっきりgood

ブログもサイトもちょっとずつ自分たちの思う形に手直ししています。

オーダーメイドならではですね。

やはりオーダー大好きheart04な店長でした。

 


オーダーよさこい屋:http://www.yosakoiya.jp/
太鼓衣装屋ドドーン:http://www.taiko-costumes.jp/
オーダーぷりんと屋:http://www.o-printya.jp/
染型工房横山工藝:http://www.ykougei.jp/

6月の副社のお菓子

パン、ケーキを焼くのが趣味のウチの副社です。

このところは和菓子がおもしろいらしく、本日も和菓子をつくったようでお披露目ですconfident(本人希望)。

ゆべし

こちらは中にくるみが入った「ゆべし」。

ゆべしって私はあまり食べないのですが、美味しかったのですlovely

また、ゆべしって地方によっては様々なものがあるようです。
ツイッターでつぶやいたら、「うちの方はこんなんですよ〜」と教えてくださった方も。羽二重餅

こちらは福井名産 羽二重餅。
福井では織物で「羽二重織」がさかんだったため、その反物の白さや肌ざわりのよさにちなんで作られたお菓子です。
一般的には「求肥(ぎゅうひ)」といわれるものです。

紫陽花のねりきり

こちらは6月にちなんで、紫陽花のねりきり。
いろんな種類つくったんだね、というと、ねりきりに求肥を使うのよ、と。
そうなんだ〜知らなかったなあ。

銀杏

こちらは銀杏。きれいにできてるなあ。

そうとう練り込むらしく、
「腕がつかれるわ〜。和菓子があんなに小さくても高いのがわかったわ」
実感ですな。

とはいえ、食べるときはあっという間。
ごめんね母。でもとてもおいしゅうございましたheart04

 


オーダーよさこい屋:http://www.yosakoiya.jp/
太鼓衣装屋ドドーン:http://www.taiko-costumes.jp/
オーダーぷりんと屋:http://www.o-printya.jp/
染型工房横山工藝:http://www.ykougei.jp/

KUME.jp さんのTシャツ

今やスカイツリーで話題の墨田区にある、久米繊維工業さん。
1935年創業の日本製Tシャツメーカーで、すばらしいTシャツを生み出されています。

▼Tシャツギャラクシー
http://www.t-galaxy.com/

弊社は、プリントでお手伝いしているのですが、
はまじいがつくっておいてあったTシャツをみて、
思わずうなってしまいました。

Tシャツ 白プリント

繊細なライン、タッチが、微妙なニュアンスまで表現されたプリント(自画自賛、すみませんcoldsweats01

KUME.JP

KUME.JP

女子スタッフも「いいなあ、欲しいなあ」と。

ボディ自体も着心地の良さそうな綿生地、首元のラインなど、随所にこだわりがみてとれます。

来週は社内研修を兼ねた、スタッフTシャツ作成大会heart04

どんなTシャツができてくるのか?

またご報告しますね〜confident

 


オーダーよさこい屋:http://www.yosakoiya.jp/
太鼓衣装屋ドドーン:http://www.taiko-costumes.jp/
オーダーぷりんと屋:http://www.o-printya.jp/
染型工房横山工藝:http://www.ykougei.jp/